心身ともに健全な育成と、陸上競技の普及を目指す Yokohama Athlete Club

横浜アスリートクラブ







横浜アスリートクラブ

お知らせtopics

 

 体験練習のご案内はこちら      中学生部門はこちら


リレー種目、3年連続全国大会決勝進出 !! 

@日産スタジアム

8月10日に日産スタジアムで行われた日清食品カップ全国小学生陸上競技交流大会に於いて、当クラブの男女混合リレーチームは、B決勝に進出、全国14位の成績を修めました。

予選でややバトンの乱れもありながら、自己の持つ神奈川県記録に後0.05秒の記録で発進、決勝でも1人1人がバトンに気持ちを託して、最後は託されたアンカーがゴールラインを全力で駆け抜けました。

また、男子コンバインドBに出場した赤川君も、走り幅跳びではファール等もあり、記録が伸び悩んだものの、ジャベリックスローでは自己記録を更新し面目躍如、全国15位の成績を修めました。

選手たちは全国大会のような大舞台で、完全に力を出し切ることはとても難しい事だと学んだことと思います。

中学高校ではこの経験を生かして、もう1つ上のステージに挑戦できるよう、努力を重ねて下さい。

OB.OG躍動!!

全日本中学校陸上競技選手権と全国高校総体予選がピークを迎えた今夏、当クラブ出身者、及び中学生部門参加者は、合わせて11種目、延べ15名が中学校県大会で入賞し、内2名が3種目で全日本中学校陸上競技選手権に出場、高校生は1名が全国高校総体に出場、高校生以上の成人カテゴリーである関東選手権進出者は2名でした。

ワンランク上の大会で、力を発揮出来るよう、頑張って下さい。応援しています。

OB全日本中学校選手権出場者
男子100m・200m 鈴木 諒 君 中川西中学校3年
男子110mH 高橋 良 君 瀬谷中学校3年

OB・OG関東大会出場者
男子1年 1500m 佐上 湘哉 君  太洋中学
女子1年 800m 小林 杏奈 さん 日野南中学校 , 丸山 あおい さん 浜中学校
女子共通 1500m 山村 心弥 さん 今宿中学校2年

全国高校総体出場者
女子走り幅跳び 小池 桜 さん 川崎市立橘高校1年

関東選手権出場者
女子100mH 高橋 想 さん 川崎市立橘高校1年
女子3000mSC 松田 梨里 さん 白鵬女子高校3年


また、今年から大学生となり國學院大学に進んだOB坂本君は高校時代の自己ベストを5秒縮め14分31秒、同じく東海大学に進んだ脇坂君は1500m3分52秒、5000m14分30秒と両種目で自己ベストを大幅更新し、夢である箱根ランナーへの第一歩を、力強く踏み出し始めています。

こちらも頑張って下さい。

 
リレー種目7年連続の全国大会出場決定!!
男女混合リレー 神奈川県記録を更新! 

@Shonan BMW スタジアム平塚

7月6日に行われた神奈川県予選において、男女混合4×100mR (水本、櫻田、青木、山本)が、予選で52:43の神奈川県記録、及び横浜AC記録 、決勝も53:39の同じく神奈川県記録を樹立し、リレー種目7年連続の全国大会出場を果たしました。

男女別で行われていたリレー種目が、今年より混合リレーに統合された為、1種目のみとなり、全国大会への道はより狭き門となりました。

予選から圧巻のバトンパスで同チームの持つ神奈川県記録を1秒以上も更新、決勝でも危なげない走りで全国出場を決めました。

驚くべきは、過去の男子チームの先輩たちが保有していた横浜AC記録を、男女混合チームで、しかも大幅に破った点です。

男子、女子各メンバーの特徴を加味した走順の配置と、それに応えたメンバーの努力に脱帽です。

次なる目標は、3年連続の全国大会決勝進出と、2年振りの全国入賞です。更なる記録の更新に期待します。


個人2年連続全国大会出場!

共通男子コンバインドB
得点2067点 神奈川県記録

優勝 赤川 音 君

今年から新設された同種目に於いて、昨年ジャベリックボール投げで5年生ながら優勝して、全国大会に出場している赤川君が、今年も全国大会出場を決めました。

ジャベリックボール投げと、走り幅跳び2種目の得点合計で争われる新設のこの種目。ジャベリックボール投げは向かい風の厳しい条件ながら46m11cmでリードすると、続く走り幅跳びは自己ベストを更新する4m63cmのビッグジャンプでの神奈川県記録更新、文句なしでの全国出場を決めました。

昨年の全国大会は、並み居る他県の上級生に歯が立たず、悔しい思いをしましたが、今年こそ悔しい思いをぶつけ、『半端ない赤川』の名を、全国に轟かせて下さい。

お陰さまで今年も横浜ACは全国大会に出場する神奈川県選手団14名の内、7名のメンバーを送り出すことが出来ました。

これも一重に、日頃からご尽力頂いております、神奈川県陸上関係者、並びに横浜市陸上関係者の皆さま、切磋琢磨出来る他チームの皆さん、お子さんの為に毎週付き添いでご参加頂いている保護者の皆さま、お一人お一人のご協力あってになります。

横浜ACはこれに奢ることなく、子供たちが楽しく競技生活を送れるよう、努力を重ねて参ります。

今後ともご支援の程、どうぞ宜しくお願い致します。




一緒に全国大会を目指そう!! 

 
楽しく走りたい小学1年~6年生入会者大募集!
 
足が速くなりたい子、リレー・駅伝にチャレンジしたい子、 集中力を高めたい子、礼儀を学びたい子、 陸上競技を基礎から学びたい子、 集まれ!!
 

7・8月体験練習会の予定

 実施日:
  7月28日(日) 9:00-12:00 小机競技場外周
  8月 4日(日) 9:00-12:00 小机競技場外周
  8月18日(日) 9:00-12:00 小机フィールド
  8月31日(土) 9:00-12:00 小机フィールド



 ※4年生以上については木曜日の高学年練習で体験が出来る様になりました。
  毎週木曜日 17:30-20:00 大和陸上競技場

 

 ※詳しくは下記までお問合せ願います。

【問合せ先】
メールでお問合せ:yokohamaac2010@yahoo.co.jp
電話でのお問合せ:久家監督 携帯:090-3804-2052
         ※すぐに応答出来ない際は、折返しご連絡させて頂きます。

※詳しくはこちら → リンクページ


ウチの子は速くないから・・・ という体験練習参加の保護者の方のお話を伺います。

小学生のうちから速い、遅いはあまり関係ありません。 もちろん競技ですので、速い子の方が試合に出場する機会も多く、注目され活躍する場も多いかもしれません。
但し、小学生のうちから速いからといって、中学・高校・大学と記録が伸び続けるという保証はありません。

高校生くらいになると、陸上競技を辞めてしまう子も大勢います。 小学生の過程で大事なのは、陸上競技を好きになり、将来においても競技を続けて行くための基礎を、しっかり身に付けることです。

当クラブでは、対話を通じ小学生一人一人のレベルに合った目標を立て、その目標達成の為のサポートをさせて頂きます。
そして現在も、中学生・高校生になったOB・OGが多数練習に顔をだしてくれているように、将来においてもOB・OGが気軽に顔を出せ、悩みを相談してくれて、それを一緒に解決してあげれるような存在でありたいと願います。




兄弟割開始しました!

兄弟割開始しました‼️
新年度から、横浜AC小学生部門では、兄弟割を開始します。既にご兄弟で入会されている方、これから入会される方、2人目以降からは一律1000円引きとさせて頂きます。兄弟割は次年度以降も継続予定です。
尚、入会キャンペーンとの併用はできません。その場合入会キャンペーンが優先され、割引の併用はできません。その場合、入会キャンペーンの割引期間が終了後、兄弟割に移行させて頂きます。

 
 











新着情報news

2019年7月27日
お知らせを更新しました。
2019年7月22日
8月の練習予定を掲載しました。
2019年6月26日
7月の練習予定を掲載しました。

横浜アスリートクラブ(会員専用)

メンバーログイン

オフィシャルスポンサー:フィード

FOCUS ON THE FUTURE
ハイグレードな暮らしを実現するフィードの住まい。 フィードは青少年の健全な育成をバックアップします。

大人の部活(Sub4)